前へ
次へ

自治体で遺品の家具を処分する方法

遺品整理において家具を処置するテクニックとして、地方公共団体で引き取り処置する方法があります。 地方公共団体では、粗大ゴミの収集に取り組んでいます。 大きいサイズの家具であろうとも回収処分をしていただけますので、移送するのが簡単ではない大型家具などといったものの処分も一般的に考えられている以上にカンタンに可能となります。 それに加えて、処分コストも業者にお願いするよりもリーズナブルなことがよくあります。 地方公共団体によってコストは異なりますが、小型テーブルや椅子で500円くらい、大きいサイズのタンスや棚についても1500~2000円くらいで処分してもらうことが難しくありません。 まず第一に、市役所に電話かけ、回収を行ないたい家具のサイズや日にちを手配します。 予約後、コンビニエンスストアや自治体で回収券を取得して、貼るだけです。自宅から持ち運ぶだけですから、それほど労力も少なくて済むことになります。

Page Top