前へ
次へ

遺品整理を楽にするエンディングノート

生前にしておきたいこととして遺言書の作成があります。自分自身に何らかの財産があり相続をする人がいるなら、家族の仲が良いとしても作成しておくと良いでしょう。仲が良い家族でも相続では揉めると言われ、意外にも相続財産が少ないほど揉めるケースが多いとされます。相続財産が多いと事前に話し合いをしたり遺言書の作成をするから揉めにくいのでしょう。遺言書は法的な効力を持つ書類になることがありますが、それ以外に作成しておくと役立つ書類があります。残しておくと良いものとしてエンディングノートがありこちらは遺言書のような法的効力は持ちません。決まった形式はなく、死後家族に伝えておきたいことを自由に書くことができます。このとき書いておきたいのが遺品整理に関することで、何を処分して何を残してなどと書いておくと良いでしょう。エンディングノートに処分してほしいと書かれていると思い出のあるものも処分せざるを得なくなります。処分がスムーズにいき遺品整理も進めやすくなります。

Page Top