前へ
次へ

遺品整理として供養の必要性を知る

生きていくためにはいろいろな必要物を購入します。購入したものが不用になれば捨てることになりますが、ものによっては日々使い続ける物もあれば一回だけ使ってそのまま自宅内に放置されるものもあります。同じように買われたものだとしても使われ方が大きく異なると言えそうです。人が亡くなればその人が使っていた家の部屋の中には多くのものが残されます。亡くなった人のものなので他の人にとっては不要なものになり通常は捨てるなど処分されます。人が亡くなって部屋を整理するときに行うこととして遺品整理があり、これまでのようにただごみを捨てる処理と異なる手続きを行います。その一つに捨てる前の供養があり、場合によっては専門の場所や専門家に供養をしてもらった上で処分手続きを行います。故人が大事にしていたものほど供養することで処分されるものもきちんと成仏できるのでしょう。それぞれの物毎に供養する専門家が異なることもあり、供養する場所も異なります。

Page Top